ワキガ基礎知識

ワキガを治す│ワキガの基礎知識【変温人間とは?体温が変化する…】

更新日:



ここ数十年で私達の生活も、大変便利で過ごしやすくなりました。
お金を出せば、ある程度何でも手に入る現代です。

 

70年くらい前までは、日本人の殆どが
田畑を耕し薪を割り風呂をわかす生活
でしたが、今ではこのような生活は
考えられないですよね。

 

高層ビルやマンションも増加し、その影響で最近、子供たちが高い所を怖がらない
高所平気症という症状があると言われてます。

 

生まれた時から高層マンションで生活している為、高さを感じないのです。
子供の転落事故が多いのもこれが原因のようです。

 

では変温人間 とはどんな人なんでしょうか?
それは、ヘビやカエルと同じように、周囲の温度よって体温が上下してしまう人のことです。

 

つまり、外気の変化につれて体温がコロコロ変化し、自分自身で体温を調節でき
ない人
のことを指します。

 

近年、このような変温人間が増加していますが、これはとても大きな問題です。

 

自分の体温を調節できなくなると、どのような障害や症状が出てくるのでしょうか?
もともと日本人の汗腺は、実際に働く数が少なく設定されている為、暑さについていくのが苦手です。

 

これは特に子供に多く見られますが、気温が上がると風邪でもないのに
熱が出たりします。

 

そしてこの熱は、熱い場所から急に冷房の効いたところに寝かせたりすると、
不思議なほどすっと下がってしまいます。

 

このような子のほとんどが基礎体温も低めで、
本来なら、日中の体温は36℃を超えているのですが、低体温の子供の多くは、35℃ととても低いのが特徴です。

 

低体温の子供は暑くてもそんなに汗をかきませんが、突然、大汗をかいたりします。

 

それは流れるような大汗で、蒸発しにくく、
もちろん体温調節の効果もありません。
また、逆にそれほど寒くもないのに、ふるえがきたりします。

 

このような症状が積もり積もって「だるい」「熱っぽい」「疲れる」といった自覚症状になって現れるのです。
「キレる」というのも、この為だといわれています。

 

■ 変温人間が増えた原因とは?

 

地球温暖化問題も大切ですが、
昨今、夏が記録的な猛暑となる為、とりあえずその暑さをしのぐことが優先されます。

エアコンからでる熱風、高層ビル、アスファルトを敷き詰めらた道路と、まさに砂漠状態。
これでは、エアコンなしで生活することはできません。

 

 

エアコンの普及により快適な生活を手に
入れたのと同時にマイナスな面もあります。



 

先程、子供を例に変温人間の話をしましたが、なぜ子供に多いのでしょうか?
これには汗腺と深い関係があり、エアコンも影響しています。

 

実は私たちの汗腺は3歳頃までにできあがるのですが、重要なのは
その頃までに汗かきの習慣づけをしなければいけないということです。

 

汗は体温調節の大きな役割を果たしています。
しかし、夏の暑い日、生まれたばかりの赤ちゃんが寝苦しくて泣いたりすると、
ついつい一日中クーラーの効いた部屋で快適に過ごさせたくなりますよね?

 

でもこれが、汗をかく能力を低下させ、汗腺の働きを悪くしてしまい、
いつのまにか変温人間となってしまうのです。

 

最近では、子供だけではなく、エアコンに頼っている大人にも汗腺の退化がみられ
変温人間が増えています。

 

なので、たまには暑いのもちょっと我慢してみるということも大切ですね。

 

■ 汗腺の退化で失ったものとは?

 



 

エアコンなどの普及で私たちの汗腺が退化して
しまうと、さまざまな症状がおそってきます。

 

その代表が、冷房病そして熱中症です。
冷房病の原因は2つあります。

 

①冷えで血のめぐりが悪くなることです。
②外気との温度差がはげしくなり自律神経が正常に働かなくなるためです。

 

夏に冷房を強くし過ぎると、皮膚の血管が必要以上に収縮します。
また、猛暑の中を歩いて、急に冷房の効いた
場所に移ると皮膚が冷たい気温に過剰反応し
全身の血管を収縮してしまうのです。

 

■変温人間の正体とは?

 

汗腺が退化したことで、喉がいがらっぽくなり、軽いせきや鼻水などの風邪に似た症状や、だるい、疲れやすいといった
自律神経失調症の症状がでるようです。

 

自律神経とはその名のとおり、自らをコントロールする神経ですが、一度この自律神経が乱れると頭痛、肩こり、しびれ、のぼせ、吐き気、
下痢といったあらゆる不快症状がでてきます。

 

若い人がちょっとしたことでキレたり、出社拒否する社員が増加している要因にはこうした
ことも大きく関わっていると言われています。

 

■熱中症の要因とは?

 

熱中症の要因とメカニズムは、汗腺の働きが
弱くなったり体温の調節がうまくいかなかったりする為に発生します。

 

元気な汗腺は、汗を出す前に塩分などのミネラルやカリウムが足りなくなり
筋肉をけいれんさせてしまうようです。

 

冷房の効いた部屋から急に暑いところにでると、大汗をかような人は
体内の水分が急に失われるので、脱水状態となり熱疲労になります。

 

逆に暑くて効率的に汗がかけない人は、熱失神を起こすようです。

 

汗をかけずに体温が上がると、皮膚の血管が必要以上に広がり
体をめぐる血管が足りなくなって、脳の血液が不足してしまい
意識障害
につながっていくこともあるのです。

-ワキガ基礎知識
-, ,

Copyright© ワキガを治す方法│腋臭・加齢臭・足臭の悩みを即解決しましょう! , 2019 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.